部分ウィッグの選び方

部分ウィッグの選び方

部分ウィッグの選び方をご案内します。
部分ウィッグは、ボリュームアップ、分け目のカバー、白髪隠しなど、気になるところにポイントで活用できるので、目的に合わせて選ぶことが大切です。
部分ウィッグには、サイズ、スタイル、カラーの種類があります。
サイズとはカバーできる面積の大きさ、スタイルとはストーレートやカールなど毛の形状、カラーとはウィッグの毛の色です。
これらの要素から選んでいくと、自分に合ったウィッグが見つかりやすいです。

 

 



 


 

 


 

部分ウィッグのサイズ

 

 

部分ウィッグのサイズには、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、Wシリーズがあります。
Sサイズは、幅4〜10cm、奥行き6〜12cmです。
Mサイズは、幅8〜12cm、奥行き11〜14cmです。
Lサイズは、幅12〜16cm、奥行き13〜15cmです。
Wシリーズは、四分〜七分ウイッグがあります。
Sサイズがカバーできる面積がもっとも小さく、Wシリーズがカバーできる面積がもっとも大きいです。

 

 


 

 


 

部分ウィッグのスタイル

 

 

部分ウィッグのスタイルには、ナチュラル、ソフトカール、カールがあります。
ナチュラルは、クセのないストレートスタイルやブロースタイルの方におすすめです。
ソフトカールは、軽いクセ毛やゆるいパーマヘアの方におすすめです。
カールは、パーマヘアのようなカール・ウエーブ感をご希望の方におすすめです。

 

 


 

 


 

部分ウィッグのカラー

 

 

部分ウィッグのカラーは、自然色、栗色、赤系、黄系をベースに暗い色から明るい色まであります。
白髪のカラーは、白髪10%、30%、60%、80%、90%があります。

 

 


 

 


 

部分ウィッグのタイプ

 

 

耐熱
ドライヤーなどが使えます。

人毛ミックス
自然な毛質が楽しめます。

コラーゲンヘア
自髪のような質感。放熱機能で爽やかです。

フリーフロント
前髪の動きを作りやすい立体植毛です。

抗菌シルク加工
お肌にやさしいシルク加工です。

エアリー仕様
柔らかネットの新軽量タイプです。

スキンネット
分け目の地肌感を大切にしたい方におすすめです。

ロング毛長
長めのヘアをお探しの方におすすめです。

幅広ベース
幅広い範囲で毛量アップできます。

タテ穴タイプ
ブラシで簡単に自髪が引き出せます。

 

 


 

 


 

部分ウィッグの毛質

 

 

部分ウィッグの毛質は大きく分けて、化繊と人毛ミックスがあります。
化繊は熱を使用したアレンジをすることができませんが、耐熱毛の人毛ミックスはアイロンやドライヤーを使用してアレンジをすることができます。

 

→ ウィッグのご試着、ご購入の流れはこちら

 

 

 


 

 


 

まとめ

 

 

部分ウィッグの選び方は、目的に合わせてサイズ、スタイル、カラーをベースに選んでいくと、自分にあったウィッグが見つかりやすいです。
そのほかにも、毛質やネットのタイプなど、気になるポイントはチェックしておくと安心です。
イメージがわきにくい場合は、気軽に色々とお試しになることもウィッグ選び成功の秘訣です。

 

→ ウィッグのご試着、ご購入の流れはこちら

 

 



 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > 町田 ウィッグ > ブログ > 部分ウィッグ(かつら)の選び方