医療用ウィッグの選び方

医療用ウィッグの選び方

医療用ウィッグの選び方をご案内します。
治療の際、通常期〜脱毛期〜回復期と、毛量の増減が生じますので、頭のサイズ変化に柔軟に対応できるウィッグを選ぶことが大切です。
医療用ウィッグには、サイズ、スタイル、カラーの種類があります。
サイズとは頭周の大きさ、スタイルとは長さと毛の形状、カラーとはウィッグの毛の色です。
これらの要素から選んでいくと、自分に合ったウイッグが見つかりやすいです。

 

 



 


 

 


 

医療用ウィッグのサイズ

 

 

医療用ウィッグのサイズには、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズがあります。
ジュニアサイズには、Sサイズ、Mサイズがあります
Sサイズは、頭周50〜54cmです。
Mサイズは、頭周54〜58cmです。
Lサイズは、頭周57〜61cmです。
ジュニアSサイズは、頭周48〜52cmです。
ジュニアMサイズは、頭周50〜54cmです。

 

 


 

 


 

医療用ウィッグのスタイル

 

 

医療用ウィッグのスタイルには、ショート、ボブ、ミディアムの長さがあり、ナチュラル、ソフトカール、カールがあります。

 

 


 

 


 

医療用ウィッグのカラー

 

 

医療用ウィッグのカラーは、自然色、栗色、明栗色、ブラウン系MIXのカラーあります。

 

 


 

 


 

医療用ウィッグのタイプ

 

 

インナーキャップ2枚付き
インナーキャップ2枚付きです。

耐熱
ドライヤーなどが使えます。

スキンネット
分け目の地肌感を大切にした方に有効です。

マシン+手植え
機械植えと手植えのミックス製法です。

 

 


 

 


 

医療用ウィッグのインナーキャップ

 

 

医療用ウィッグのインナーキャップは、インナーキャップとコットンインナーキャップがあります。
インナーキャップは、伸縮性に優れたストレッチ繊維のラクトファイバー仕様なので、サイズ変化に柔軟に対応できます。
コットンインナーキャップは、肌に優しいコットン製です。すべりにくく、地肌が透けません。縫い目のないホールガーメント製法なのでチクチクする不快感やゴワつきがありません。ウィッグだけでなく帽子のインナーやナイトキャップなどにも最適です。

 

 


 

 


 

まとめ

 

 

医療用ウィッグの選び方は、お好みに合ったサイズ、スタイル、カラーをベースに選んでいくと、自分にあったウィッグが見つかりやすいです。
また、通常期〜脱毛期〜回復期と、毛量が変わっても対応できるインナーキャップを選んでおくと安心です。
イメージがわきにくい場合は、気軽に色々とお試しになることもウィッグ選び成功の秘訣です。

 

→ ウィッグのご試着、ご購入の流れはこちら

 

 



 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > 町田 ウィッグ > ブログ > 医療用ウィッグの選び方