ウィッグの洗い方

ウィッグの洗い方

ウィッグも使い続けると汚れたり臭いがするようになります。
そのため時々洗ってメンテナンスすることが必要です。
ウィッグの基本的な洗い方や乾かし方を順にご案内します。

 

 



 


 

 


1、ブラッシング


 

 

ウィッグのもつれやからみををほどくように、軽くブラッシングします。
毛が引っかからないように、ストッパーはすべて閉じておきます。

 

 


 

 


2、シャンプー


 

 

洗面台等に水をためて、ウィッグ専用シャンプーを水に溶かします。(お湯は厳禁です。)
そこにウィッグを5〜10分浸してから、やさしく押し洗いします。
汚れが取れたら流水で充分にすすぎます。

 

 


 

 


3、コンディショナー


 

 

シャンプー同様、洗面台に水をためて、ウイッグ専用コンディショナーを水に溶かします。
そこにウィッグを1〜2分浸します。すすぎは不要です。
タオルで包み込み軽く押さえながら水分を取ります。

 

 


 

 


4、仕上げ


 

 

ウィッグの端を持ち、上下に振って元の形に近づけます。
形が整ったら自然乾燥させます。(ドライヤーは使用しません。)
完全に乾燥したら軽くブラッシングして整えます。
その際、ウィッグオイルを使用すると、きれいな仕上がりになります。

 

 


 

 


ウィッグ専用シャンプー用品


 

 
ウィッグ専用シャンプー

ウィッグ専用につくられたシャンプーです。オレンジオイルの優れた浸透効果でウィッグを傷めずに汚れを落とし、しっとりしなやかに仕上げます。手肌にやさしく、すすぎも簡単です。

 

 
ウィッグ専用コンディショナー

ウィッグ専用につくられたコンディショナーです。ウィッグを紫外線から保護しスタイリングしやすい髪に仕上げます。シャンプー後の髪にしっとりとした自然な艶を与え、静電気防止にもなります。

 

 
ウィッグ用オイル

ウィッグの静電気を防ぎ、パサつきやもつれを抑えます。なめらかな指通りと自然な風合いを保ち、エモリエントな感触を与えます。

 

 


 

 


まとめ


 

 

ウィッグを洗う際は必ず水で洗います。お湯は使いません。
ブラッシング、シャンプー、コンディショナー、仕上げが基本的な流れです。
100%人毛のウイッグ以外はドライヤーは使用せず自然乾燥です。
またウィッグ専用のシャンプーやコンディショナーを使用することも大切です。

 

→ ウィッグのご試着、ご購入の流れはこちら

 

 



 


 

関連記事

 

 


 

このページの先頭へ⬆︎

 

Q – for you beauty salon – > 町田 ウィッグ > ブログ > ウィッグの洗い方